憩いの広場へようこそ!

男脳と女脳コラム
 人間は原始時代のころから、男と女には仕事の役割分担がされており、男は通常、狩りに行って食料を調達する、女は近くの人との調和をはかりながら、木の実を採ったり、自分たちの子供を育てる。人間はこのような生活が長い間続いたため、さまざまな違いを持つようになりました。
 例えば、男の場合は獲物をしとめるために自分と獲物の距離と、自分の持つスピードを駆使して獲物をしとめるため、空間能力が発達した。 それに対して、女は自分の子供が何か訴えているとき、その微妙な表情により、何を訴えているのか的確に判断できるようになった。 また男は、獲物を待って、何時間も自問自答を繰り返し、効果的な方法で獲物をしとめようと工夫するのに対し、女は人とのコミュニケーションを大切としてよりよい生活環境を築こうとする。 だから、問題が起きたとき、男は何時間もひとつのことを無言で考えて、解決策を模索することができるのに対し、女は誰かとのコミュニケーションをはかり、口に出して解決しようとする。
 このように男と女は、自分が生きる使命と、喜びを感じたり、悲しみを感じるところが少しずつずれている。男と女の喧嘩はこのような違いが苛立ちを生み、相手の考えや態度が理解できないことから始まる。 男は同時にひとつの事しかできない(する必要がなかった)ため、テレビに熱中しているときに何かを話しかけても、生返事をするか、あまりしゃべり続けると最後には怒り出す。しかし女は平気でテレビを見ながら雑誌を読む。女は同時にいろいろなことができるため、男はなぜ自分と会話をしてくれないのかと不満に思う。このような例はどの家にもあるのではないでしょうか?
 ここで書かせて頂いたのは、男と女の違いのほんの一例に過ぎません。男と女はお互いに相手を理解することで、よりよい関係を築けるのではないでしょうか。
参考:「話を聞かない男、地図が読めない女」アラン ピーズ より
Copyright 2007- Powerd By 憩いの広場