憩いの広場へようこそ!

設備・内装の打合せ
工事着工前の注意点としては工事に取り掛かる前に建築確認申請という物を工務店により手続きしてもらう必要があります。どのような建物を建てるのか公の機関に申請するのですが、ここでほぼ間取りは確定している必要があり、その後の間取り変更は、場合によっては差し替えの申請をする必要が発生するので要注意です。
工務店によって打ち合わせの手順は異なるかと思いますが、我が家では下記のような進め方でした。
  ・契約前
    ・ 工務店の人にナショナルのショールームへ同行して頂き、設備(キッチン、カップボード、風呂、洗面、照明)を選択し、見積もりの提示をしてもらう(見積もりに反映される)
  ・契約後
    @ 現場監督さん&コーディネータ担当者との顔合わせ。図面の見方や今後の進め方についての説明を受ける(前半は2週間程度毎の打ち合わせとなる)
    A 設備の選択(カタログより選択) … 玄関ドア・瓦・外壁タイプ&色・床材&色・建具色・電気配線(コンセント、スイッチ位置)※カタログを事前に貸してもらう
    B ナショナルショールームへ同行。設備(型番、オプション、色)の確定。
    C クロス型番、クッションフロア型番、部屋照明型番、TVアンテナ Or ケーブルTV等の打ち合わせ※カタログを事前に貸してもらいサンプルの取り寄せをしてもらう
    D オーダー家具の形状を指定(下駄箱、キッチン収納、本棚) … 簡単な図面の提出
   打ち合わせの内容は大まかには上記のような点となりますが、随時、ドアの向き、各種申請書(助成金など出るものがある)などのやり取りが発生しました。
Copyright 2007- Powerd By 憩いの広場