憩いの広場へようこそ!

どんな家を建てよう? 〜 ハウスメーカー vs 工務店 〜
我が家がいちばんはじめにとった行動は、皆様もお考えだと思いますが、ハウジングセンターめぐりでした。いろんなハウスメーカーを一度に見ることができるため実際とても参考になりました。大体が定番のアンケートの後、マニュアルどおりの説明が聞けますので知識が無くても大丈夫です(^_^)それぞれの住宅メーカーにはそれぞれの特徴があります。代表的なのが、隣が大火事でも燃えない壁。軽量鉄骨やユニット工法、2×4工法を使用した地震に強い家。発泡プラスチック系断熱を使用した温度を逃がさない家など、それぞれ特徴がありました。サラ○ラップ、観葉植物などの粗品をゲットしてカミさんは喜んでしました。。
しかし坪単価を考えると50万〜70万円程度と、非常に高額でなかなか手が出るような代物ではなかったのです。そこで次の手として私たちが考えたのは、工務店めぐり(初めての方はあまり馴染みが無い言葉かもしれませんが、工事を請け負う業者の事です。実際の工事は大工さんや左官屋さんに外注されることが多い)でした。あまり知識が無い私たちは、看板の坪単価29.8万円の見出しを見てとりあえず飛び込みで訪れてみました。そしてその後、何件か工務店を訪れ、完成見学会など訪問するうちに、結局、技術料金に大差は無く、材料として何を選んでいるかが大きなウエイトを占めている事がわかりました。技術料金については、年間に建てる棟数により、バラつきがあるようです。やはり多く建てるところは、材料や作業が画一的で業者の色が強く出た家になるようです。その反面、値引きには応じるといった姿勢だと感じました。(だからといって質が悪いというわけではありません)
このように当初はハウスメーカーでの建築を考えていたのですが、メーカーでは特色を出すため、独自商品の研究開発費、人件費、モデルルーム維持費、広告宣伝費など多くの費用を必要とし、若干割高だと判断しました。であれば、ブランドにこだわらず、工務店でよりよい設備、よりよい材料を使用する選択をしたほうが得策だと考えるようになりました。
どんな家を建てよう? 〜 夫の意見、妻の意見、 〜
家を建てるというのは、我が家に限ることではなく一大イベントであり、夫婦の結束がもっとも必要なときと思われます。しかしそう簡単に意見があうものではありませんでした。どのような点に食い違いがあったかは下記のような点である。
     夫・・・広い床面積、建築面積が広く確保できないため3階建てを希望。
     妻・・・床暖房、広いバルコニー、メーターモジュール、家事導線を重視。寂しがり屋
Copyright 2007- Powerd By 憩いの広場